ECCJ Home | 目次 | ごあいさつ | 沿革 | 事業概要 | 活動支援 | 情報提供 | 人材育成 | ソリューション提供 | 国際貢献 | 試験・講習 | 名簿 | 組織図 | 所在地・アクセス

国家試験・研修・講習の実施

  • 省エネ法に基づき選任されるエネルギー管理者等の資格について、国の指定機関、登録機関として、その制度の周知を図りつつ、試験、研修及び講習を実施しています。
  • これらの資格者は、産業・業務等の様々な分野で省エネやCO2削減のアドバイス等を行う専門人材として活躍しています。
エネルギー管理士試験
エネルギー管理士試験

「エネルギー管理士」資格

 エネルギー管理士は、

 @「エネルギー管理士試験」(国家試験)の合格と「1年以上の実務経験」

 A 3年以上の実務経験者による「エネルギー管理研修」の修了(修了試験合格後認定)

のいずれかにより取得できます。

 @の試験は例年8月上旬に全国10会場で実施します。

 Aの研修は例年12月中旬に全国6会場で実施します。

 エネルギー管理士試験・エネルギー管理研修 WEBサイト:https://www.eccj.or.jp/mgr1/

エネルギー管理講習
エネルギー管理講習

「エネルギー管理講習」

 エネルギー管理企画推進者、エネルギー管理員の選任対象となるためには、「新規講習」(1日)を受講・修了する必要があります。全国で上半期(例年6月〜7月)、下半期(例年10月〜11月)に実施します。

 また選任後は、別に行われる「資質向上講習」を定期的に受講・修了する必要があります。

 なお、エネルギー管理士資格者はこれらの講習を免除されます。

 エネルギー管理講習 WEBサイト:https://www.eccj.or.jp/mgr1/lctr/

◆エネルギー管理者等の選任に必要な資格

 企業や事業所においては、省エネ法に基づき、以下のようにA〜Cの区分に応じ、エネルギー管理の統括者や一定の資格を有するエネルギー管理者等を置くことが義務付けられています(下表)。

 A:年間のエネルギー使用量(原油換算、以下「使用量」)が、1,500kL以上の企業(事業者)

 B:使用量が3,000kL以上で5業種(製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業)に属する工場・事業場

 C:B以外で使用量が1,500kL以上の工場・事業場

区分
選任すべき者
選任に必要な資格
業務
A
エネルギー管理統括者 企業全体のエネルギー管理についての統括的責任
(役員クラス)
エネルギー管理企画推進者 「エネルギー管理士」または
「エネルギー管理講習」修了者
エネルギー管理統括者の実務面の補佐
B
エネルギー管理者 「エネルギー管理士」

工場・事業場のエネルギー管理

  • エネルギー消費設備の管理
  • エネルギー使用方法の改善、監視業務の管理
  • エネルギー使用量、使用効率の報告

C
エネルギー管理員 「エネルギー管理士」または
「エネルギー管理講習」修了者


ECCJ Home | 目次 | ごあいさつ | 沿革 | 事業概要 | 活動支援 | 情報提供 | 人材育成 | ソリューション提供 | 国際貢献 | 試験・講習 | 名簿 | 組織図 | 所在地・アクセス

Copyright(C) ECCJ 1996-2019