ECCJ Home | 総目次 | 目次 | 研修制度の概要 | 研修の内容 | 受講料の払込みから免状交付までの流れ | 研修の申込みについて | 仮申込書等の記載について | 証明書の記載例 | 研修受講に際しての注意事項 | 電卓の取扱いについて | 参考1 | 参考2 修了試験問題例題 | トラブルについて

2エネルギー管理研修の内容

(1)研修日程

エネルギー管理研修(以下「研修」という)は次の日程で7日間連続で実施されます。
令和2年12月14日 (月) 〜 12月20日 (日)
    12月14日 (月) 〜 19日 (土) : 6日間の講義
    12月20日 (日) : 1日間の修了試験

(2)申込受付期間

次の期間に、研修の仮申込書等の必要書類の郵送のみ受け付けます。
インターネットによる申込みはありませんのでご注意ください。

令和2年9月14日(月)〜 10月20日(火)当日消印有効

なお、料金別納郵便及び料金後納郵便は、受付期間内に到着したもののみ有効です。

(3)研修受講料

研修の受講料は、70,000円(非課税)です。

ただし、令和元年度(第42回)修了試験の一部の課目に合格した方(以下「修了試験課目合格者」という)が、不合格の課目についてのみ令和2年度に研修を受けようとする場合は、50,000円(非課税)となります。

なお、修了試験課目合格者の受講ケースと研修受講料については修了試験課目合格者の受講ケースと研修受講料についてを参考にしてください。

(4)研修地、研修会場及び募集人員

研修地

研修会場

募集人員

熱分野

電気分野

宮城県

仙台卸商センター 卸町会館
宮城県仙台市若林区卸町2−15−2

75

45

東京都

東京ファッションタウン(TFT)
東京都江東区有明3−6−11

260

170

愛知県

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
愛知県名古屋市中村区名駅4−4−38

120

100

大阪府

大阪商工会議所
大阪府大阪市中央区本町橋2−8

100

80

広島県

RCC 文化センター
広島県広島市中区橋本町5−11

50

50

福岡県

九州ビル
福岡県福岡市博多区博多駅南1−8−31

100

60

研修会場は都合により変更になる場合がありますので、受講票送付の際に同封される会場案内で必ず確認してください。
また、各会場の申込者数が募集人員を超えた場合は、お申込みをお断りすることがあります。

(5)講義課目及び講義の時間割

まる1 講義課目

〔令和2年12月14日(月)〜 12月19日(土)〕

講義課目

(備考)

1 この表において、1時限は40分です。

2 必須基礎区分と選択した分野専門区分の講義は必修です。

3 ※記号を付した講義については、電気分野専門区分を選択する方のうち第一種電気主任技術者免状又は第二種電気主任技術者免状の交付を受けている方に限り、申込時に免状の写しを提出することにより受講しなくても、修了試験を受けることができます。

4 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律及び命令」は、令和 2 年 4 月 1 日時点で施行されている法令が対象となります。

まる2 講義の時間割

講義時間は、9 時 30 分〜 17 時 30 分頃ですが、講義の時間割等の都合により、この限りではありません。なお、講義の時間割は、受講票送付の際に同封されます。

まる3 講義当日に不測の事態等が発生し、講師が講義できない場合は、音声録音等により実施することがあります。

(6)修了試験課目及び時間割

修了試験課目の番号()と試験時限目(1、2、3、4時限目)は異なっていますので、ご注意ください。

なお、修了試験は、筆記試験(記述式)です。マークシート方式ではありません。

◇ 熱分野専門区分の修了試験時間割

〔令和2年12月20日(日)〕

熱分野専門区分の修了試験時間割

◇ 電気分野専門区分の修了試験時間割

〔令和2年12月20日(日)〕

電気分野専門区分の修了試験時間割

受験課目の修了試験開始の10分前までに、受講票と同一の研修番号の席に着席してください。

(7)修了試験課目合格者の受講ケースと研修受講料について

修了試験課目合格者の試験免除は、修了試験の一部の課目に合格した翌年度限りとなります。そのため、下記のような受講ケースと研修受講料があります。


まる1令和元年度の修了試験課目合格者

@)試験免除を受ける方
研修受講料は50,000円となります。
修了試験課目合格者宛に金額欄に50,000と印刷された専用の「払込取扱票」を綴じ込んだ受講の手引を送付します。

A)共通課目T(熱・電気共通)の修了試験課目合格者が、令和元年度に受講した分野と異なる分野を受講する場合
研修受講料は50,000円となります。
ただし、令和元年度に合格した他の課目(U、V、W)はすべて無効となります。
例えば、令和元年度に熱分野で受講し、課目TとUに合格して修了試験合格者となった者が、令和2年度に電気分野を受講する場合、課目Tのみ課目免除を受けることができます。

B)本人の希望により試験免除を受けず、令和2年度に全課目の講義及び修了試験を受ける場合
研修受講料は70,000円となります。
70,000と印刷された「払込取扱票」を綴じ込んだ一般の受講の手引きを取り寄せてください。
この場合、令和元年度に合格した課目の試験免除はすべて無効となります。また、仮申込書及び実務従事証明書等の申込書類も改めて作成し、提出する必要があります。
ただし、令和2年度に修了試験の一部に合格すると、令和2年度の修了試験課目合格者となり、令和3年度には合格した一部課目について試験免除を受けることができます。

まる2平成30年度以前の修了試験課目合格者

@)令和2年度の試験免除は無効となりますので、令和2年度の受講料は新規受講者と同じ70,000円となります。また、仮申込書及び実務従事証明書等の申込書類も改めて作成し、提出する必要があります。

注)エネルギー管理研修は、毎年夏に行われているエネルギー管理士試験とは異なる制度です。エネルギー管理士試験において合格した課目であっても、エネルギー管理研修では試験免除の対象とはなりません。


ECCJ Home | 総目次 | 目次 | 研修制度の概要 | 研修の内容 | 受講料の払込みから免状交付までの流れ | 研修の申込みについて | 仮申込書等の記載について | 証明書の記載例 | 研修受講に際しての注意事項 | 電卓の取扱いについて | 参考1 | 参考2 修了試験問題例題 | トラブルについて
ページのトップへ戻る