ECCJ Home | 出版案内 | 月刊省エネルギー | 新刊案内 | 図書目録 | 購入方法 | 取扱書店一覧
工場・事業場のための spacer

温対法と省エネ法

-- 温室効果ガス排出量の算定と報告 --

spacer
大串 卓矢 / 本多 昇 / 向井 憲一 共著
温対法表紙
A5判 382頁 (本体3,200円+税)

購入方法

地球温暖化対策推進法(温対法)で求めるCO2排出量の算定・報告とは?! 2006年度より新たに義務付けられた温室効果ガス排出量の算定・報告制度。 この制度で混乱しやすい「温対法」と「省エネ法」の重なる部分を整理し、 必要な手続きを実務者のために具体的に解説!!

エネルギー管理者・管理員必携!!

 章構成
 1章 地球温暖化を巡る国内外の動向
 2章 地球温暖化対策推進法の概要と実務
 3章 比べてわかる「温対法」と「省エネ法」
 4章 排出量算定に関する知っておきたい周辺事項

 付 録
  1. 「省エネ法」新旧対照条文
  2. 「温対法」新旧対照条文
  3. 温室効果ガス排出量の算定方法・排出係数一覧
  4. 事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドラインVer.1.6

詳細目次と著者紹介はこちら 


[戻る] 



Copyright(C) ECCJ 1996-2019