ECCJ Home | はじめに・目次 | 設備の省エネチューニングとは何か?今なぜチューニングか? |
| チューニングの進め方 | こんなにたくさんあるチューニングの項目

チューニングの進め方
DATA 1 DATA 2 DATA 3 DATA 4 DATA 5
 空調時の室温を1℃緩和することで、空調システムに使われている冷凍機やボイラーの消費エネルギーを10%程度削減できるといわれています。
 この削減されるエネルギー量は、ビルの用途等にもよりますが、空調時ビル全体で消費されるエネルギーの2〜3%(省エネルギーセンター調査)に相当します。


DATA2 室温設定の変更

 図は室温緩和を実施した某ビルの実績を示したものです。
 建物は、延床面積100,000の東京近郊に立地される高層オフィスビルの実績です。実測データから、7〜9月の熱エネルギーの約6%の効果が確認されました。

実施条件
室内状態:
14年度 室内温度26℃、湿度50%
15年度 室内温度27℃、湿度50%

実施期間:
両年度とも、夏期の7/1〜9/30、9:00〜18:00(土、日曜を除く)

チューニングの進め方1 負荷の低減


室温緩和による地域熱源受入熱量の変化

前へ戻る 次へ進む

ECCJ Home | はじめに・目次 | 設備の省エネチューニングとは何か?今なぜチューニングか? |
| チューニングの進め方 | こんなにたくさんあるチューニングの項目

Copyright(C) ECCJ 1996-2018