ECCJ Home | ホテルの省エネルギー

ホテルの省エネのポイント

エネルギー管理者以外の各部門の省エネ
●不使用室の消灯及び空調の停止
省エネの第一歩は、無駄の排除です。簡単なことを徹底する意識が、大きな
省エネ効果を生みます。
不使用室の消灯及び空調の停止
●客室清掃時の省エネ
客室は室内設置の空調機(ファンコイル等)が停止状態でも、外調機による
空調がされています。そのため清掃時はファンコイルを停止しても劣悪な作
業環境とはなりません。また、照明についてもカーテンを開き自然採光の利
用を基本とし、バスルームのような暗所のみ点灯するようにしましょう。こ
れらを担当部門でマニュアル化するような自主性が、省エネのポイントとな
ります。
客室清掃時の省エネ
●宴会場の照明管理
宴会場の照明は、室の照度を保つための一般照明と、シャンデリア等の演出
照明に分類されます。一般照明と比較し、シャンデリア等の演出照明は電力
使用量が 大きくなっています。省エネのポイントは、準備及び片付け時間は
一般照明のみを点灯し、演出照明はこの時間帯は点灯しないことです。これは、
かなりのホテルで実施されています。
宴会場の照明管理
●厨房換気ファンの管理
厨房の給排気ファンは一般的に調理担当者が運転しています。この運転が及
ぼす影響は大きく、客席を空調した空気を厨房で排気している状態が多く見
受けられます。この省エネのポイントは、運転の時間をできる限り短くする
ことです。また、新鮮空気の取入口をふさぐような行為は、他の室内環境に
悪い影響を及ぼします。
厨房換気ファンの管理
●部門毎の管理のマニュアル化
宿泊・宴会・飲食の担当部門毎に省エネマニュアルを作成し、控え室の壁に掲
示する等、従業員が共通の認識のもとで省エネ行動をする環境を整えます。
部門毎の管理のマニュアル化
<<前のページへ | 次のページへ>>
ECCJ Home | ビルの省エネルギー
Copyright(C) ECCJ 1996-2018
Access Counter