ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 商業施設の省エネ事例(1)

前頁 | 次頁

6.商業施設の省エネ事例(1)


AM10時の開店に対し、季節による空調起動時間の変更を実施しました。中間期は夏期、冬期より15分ウォーニングアップ時間を遅らせることにより、空調機の運転エネルギーが減り、26台の空調機で実施すると、年換算で電力6.672kWh、熱量(地冷)で24.000MJの省エネが達成されます。


前頁
| 次頁

ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 商業施設の省エネ事例(1)


Copyright(C) ECCJ 1996-2018