ECCJ Home | 出版案内 | 月刊省エネルギー | 新刊案内 | 図書目録 | 購入方法 | 取扱書店一覧

平易で実用的な「ガス燃焼」の入門書 20年ぶりの大改訂!!

新版 ガス燃焼の理論と実際

仲町一郎 編著

A5判 324頁 定価(本体4,400円+税)

燃焼の理論をはじめ、バーナや燃焼設備に関わる実務的な知識を収録

1992年の初版発行時の目的はそのままに、気体燃料をめぐる情勢 の大きな変化などエネルギーを取り巻く状況の変化を踏まえ、新たに得られた燃焼技術の知見を追加するなど大幅に改訂。
<本書の特徴>
(1) 環境問題の対策 -「燃料転換」他、「火炎の安定化」、「伝熱」の追加
(2) バーナの選定に便利な、型名・サイズ・燃焼量のデータを掲載
(3) 豊富な「実測データ」による解説

新版 ガス燃焼の理論と実際
工場の第一線で燃焼に関わる方々をはじめ、燃焼機器・設備メーカー、 その他エネルギー管理に関わる技術者必携の書。
  本書の主な内容
    第1編 ガス燃焼の理論
  1 ガス燃料
2 燃焼計算
3 効率および熱勘定
4 ガスの燃焼機構と火炎構造
5 火炎の安定化
6 ガスバーナ
    第2編 ガス燃焼の実際
7 省エネルギー燃焼技術
8 燃焼と環境問題
9 配管設計・関連機器およびガスの供給
10伝 熱
11燃焼設備の安全・保守点検
    付表
    索引
    詳細目次はこちら (PDF/985KB)     購入はこちら
[戻る]
ECCJ Home | 出版案内 | 月刊省エネルギー | 新刊案内 | 図書目録 | 購入方法 | 取扱書店一覧

Copyright(C) ECCJ 1996-2018