[ECCJ][中間とりまとめ][戻る]

(別添4)
 
テレビジョン受信機の年間消費電力量測定法
 
 
1.標準試験条件
 (1)基準温度及び基準湿度:JIS Z 8703の常温常湿(温度5〜35℃.湿度
   45〜85%)のもとで行う。
 (2)電源(交流):
     ・ 電圧   100V±1V
    ・ 周波数  50Hz±1%又は60Hz±1%(JIS C 6101に準拠)
    ・ 高調波含有率 5%以下(JIS C 6101に準拠)
 (3)測定の開始時期:測定は受信機が十分安定な状態に達してから行うこと。
 (4)電力計:消費電力の測定に用いる電力計の精度は1%以内に校正されていること。
 
2.入力信号
 (1)映像信号:・動作時消費電力測定時:JIS C 6101の標準試験信号中の(n)全黒信号及び(p)全白信号
        ・節電機能消費電力測定時:JIS C 6101の標準試験信号中の(i)カラーバー信号
        ・待機時消費電力測定時:無信号
        ・映像変調度は以下とする。
           地上波:87.5%(JIS C 6101に準拠)
           BS:17MHzp−p(EIAJ CP−4103に準拠)
 (2)音声信号:・地上波 1kHz、30%FM(JIS C 6101に準拠)
        ・BS  1kHz、FS−18dB(BS)(EIAJ CP−4103に準拠)
        ・ベースバンド 1kHz
 (3)信号レベル:・地上波 −50dB(mW)±3dB(mW)
          (JIS C 6101に準拠)
         ・BS  −45dB(mW)±3dB(mW)
          (EIAJ CP−4103に準拠)
 (4)試験チャンネル:・地上波  任意のチャンネル
           ・BS   任意のチャンネル
 (5)入力信号は、特に指定のない限り地上波とする。
 
3.受信機の設定
 (1)同 調:同調位置
 (2)映像関係:・コントラスト調整は、全白信号(100IRE)受信時消費電力が最大となるように設定する。ただし、節電機能評価時は標準位置(標準位置のない受信機は工場出荷位置)とする。
        ・付加機能類でOFFできる機能はOFFする。
        ・その他の設定は標準(又は工場出荷時設定)とする。
        ・自動輝度調整機能および節電スイッチ等の節電機能はOFFとする。
         (消費電力が最大状態とする)
 (3)音声関係:・音量に関しては、50mWのスピーカ出力に設定。(2個以上の音声出力回路を持つものは、各々50mW出力とする。)
        ・バランスに関しては、左右の音声出力が等しくなる位置。
        ・音質に関しては、センター又は平坦な電気的周波数特性の得られる位置。
        ・付加機能類(サラウンド、3D等)でOFFできる機能はOFFする。
        ・その他の設定は標準(又は工場出荷時設定)とする。
 (4)その他:・BSアンテナ電源は、OFFできる場合はOFFする。
 
4.節電機能の評価
 (1)自動輝度調整(周辺照度に応じて映像を自動的に制御する機能):自動輝度調整機能OFF時(又は周辺照度300 lx 以上)及び自動輝度調整機能ONで最大機能時(又は周辺照度0 lx )の消費電力を測定し、別途定める計算条件で評価する。
 (2)節電機能スイッチ:節電を目的とした明確な機能(例えば、映像を制御して消費電力を低減させる機能)を持つスイッチ等を有する受信機においては、節電機能OFF時及びON時の消費電力を測定し、別途定める計算条件で評価する。
 
5.測定及び計算条件
 (1)動作時消費電力Pを測定する。
  1)地上波受信時の消費電力Pw1、PB1を測定する。
   ・映像信号全白信号時の消費電力  P w1(W)
   ・映像信号全黒信号時の消費電力  P B1(W)
   次式から、動作時の消費電力Poを求める。
    P=(Pw1+P B1)/2(W)
  2)BS又はベースバンド受信時の消費電力が、地上波受信時と異なるよう設計された受信機においては、以下の測定及び計算により動作時の消費電力Pを求める。地上波、BS、ベースバンドの各々の状態の消費電力P、Pを測定する。
   ・映像信号全白信号時の消費電力  Pw1、Pw2、Pw3(W)
   ・映像信号全黒信号時の消費電力  PB1、PB2、PB3(W)
   次式から、動作時の消費電力Pを求める。
    Po1=(Pw1+PB1)/2(W)
    Po2=(Pw2+PB2)/2(W)
    Po3=(Pw3+PB3)/2(W)
   次式から、Po1、Po2、Po3の最大値と最小値の平均Pを求める。
     P =(P MAX+P MIN)/2(W)
 (2)節電機能の測定及び計算条件
  1)自動輝度調整
    自動輝度調整機能を備えた受信機について、PA1(MAX)、PA1(MIN)を測定する。
     PA1(MIN)(W) 自動輝度調整ONで最大機能時(周辺照度0 lx )
     PA1(MAX)(W) 自動輝度調整OFF時(又は周辺照度300 lx 以上)
    次式から、PA1を求める。
     PA1=PA1(MAX) − PA1(MIN) (W)
  2)節電機能スイッチ
    節電機能スイッチを備えた受信機について、PA2(MAX)、PA2(MIN)を測定する。
     PA2(MIN)(W) 節電機能スイッチON時
     PA2(MAX)(W) 節電機能スイッチOFF時
    次式から、PA2を求める。
     PA2=PA2(MAX) − PA2(MIN)(W)
 (3)待機消費電力Pso、Pssを測定する。
   Pso (W) 主電源スイッチOFF時
   Pss (W) 主電源スイッチONで、リモコン電源スイッチOFF時
  次式から、待機電力Psを求める。
   P =(Pss+Pso)/2 (W)
 
6.年間消費電力量の計算
 次式から、年間消費電力量E(kW・h/年)を求める。
  E={(P−P )×t1+P×t2}/1000(kW・h/年)
   P:P は5.(2)で測定したPA1及びPA2から以下の方法で求める。
    P = PA1/4、PA2/4の値の大きいほう。
    t1:年間基準動作時間(h) 1642.5(365日×4.5時間)

    t2:年間基準待機時間(h) 7117.5(365日×19.5時間)

参考3

[ECCJ][中間とりまとめ][戻る]


Copyright(C) ECCJ 1996-2022