令和5年度(補正予算)
SHIFT事業(工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業)

省CO2型設備更新支援 「C.中小企業事業」 事前チェック

SHIFT事業 省CO2型設備更新支援「C.中小企業事業」に応募する場合は、SHIFT事業運営事務局(一般財団法人省エネルギーセンター)による実施計画書*の事前チェックが必要となります。応募を予定している方は、下記の流れに沿って事前チェックを受けてください。
*実施計画書:
省CO2型設備更新支援において、実施する設備更新の内容と更新によるCO2削減効果を記載した「対策個票」シート等から成るExcelファイル。

1. 事前チェックのフロー

image
[事業者等] 事前チェック申込
こちらの「申込フォーム」にて申し込みください。

申込フォーム

申込フォームをご使用できない場合は、下記宛に電子メールにてご連絡ください。
SHIFT事業運営事務局 :一般財団法人省エネルギーセンター  E-mail:shift_check@eccj.or.jp
[運営事務局] 申込受付、ファイル送受信サービス案内
申込受付及び「ファイル送受信サービス」案内のメールを送信します。
実施計画書等のファイルのやりとりは、省エネルギーセンターで指定する「ファイル送受信サービス」を利用します。
[事業者等] 実施計画書等の提出
「ファイル送受信サービス」にて、下記のファイルを提出してください。
・算定報告書・実施計画書
・実施計画書CO2削減効果事前確認証 (「事前確認証」とよぶ)
※算定報告書・実施計画書及び事前確認証の様式は、「5. 事前チェック関係資料」よりダウンロードしてください。
[運営事務局] 実施計画書の内容確認
実施計画書のCO2削減効果に関する項目を中心に、事前確認証の確認項目に沿って、内容確認を行います。
[運営事務局] 事前確認証の返却
④の確認結果を事前確認証に記載し、「ファイル送受信サービス」にて返却します。
[事業者等] 実施計画書の修正等
事前確認証に記載された指摘事項に対応し、実施計画書の修正等を行い、修正対応に関する説明を事前確認証に追記してください。
CO2削減効果に影響を与える可能性のある指摘事項がある(事前確認証の「確認結果」欄において、『要確認【重要】』となっている箇所がある)場合は、修正した実施計画書(算定報告書を含む)及び事前確認証を再提出してください。
※CO2削減効果に影響を与える可能性のある指摘事項がなくなるまで、③~⑥を繰り返していただきます。
事前チェックの完了
CO2削減効果に影響を与える可能性のある指摘事項がなければ、事前チェックは完了します。

2. 事前チェックの対象項目

事前チェックでは、実施計画書の下記の項目を確認します。

  • 「524設備構成比較」シート
  • 「対策個票」シート
    3.年間活動量の算出根拠
    7.報告時のCO2排出量算定のための活動量把握方法
    9.既存診断利用の場合の参照事項(既存の診断報告書がない場合は対象外)

[参考] 事前チェックに必要な記載箇所(PDF)

3. 事前チェックに要する目安期間

実施計画書の内容確認には、初回の場合で10~15営業日程度、2回目以降の場合で5~10営業日程度を要します。実施計画書の修正に要する時間等を考慮し、余裕を持って提出してください。

4. 留意事項

  • 本事前チェックは、SHIFT事業 省CO2型設備更新支援「C.中小企業事業」に応募予定の案件に対して実施するもので、チェックの結果は「C.中小企業事業」においてのみ有効です。
    なお、事前チェック完了後に、SHIFT事業で使用する単位発熱量やCO2排出係数が変更となった場合は、当該数値の変更に伴う削減量の修正をお願いすることがあります。
  • 同一の事業者または支援機関・事務代行者が複数の事前チェックを申し込む場合は、原則として1件ずつ対応(最初の案件のチェック完了後に、次の案件のチェックを実施)いたします。
  • 事前チェックの対象は「C. 中小企業事業に申請する補助対象設備の更新対策」のみです。自主的対策(運用改善等補助対象外の対策)は事前チェックの対象に含まれません。
  • CO2削減効果の算定は、「SHIFT事業CO2削減対策の効果算定ガイドライン」で認められる水準を満たすことが求められます。
  • 事前チェックの手順や留意事項の詳細は、下記「5. 事前チェック関係資料」でご確認ください。

5. 事前チェック関係資料