ECCJ Home | TOP | 工場・ビルにおける節電 | 家庭における節電 2013/5/15

今夏の節電対策について

2013

= 概 要 =

2013年度夏季の節電について、国は下記のように協力を呼びかけています。

2013年度夏季の節電へのご協力のお願い


2013年度夏季の電力需給は、2010年度夏季並の猛暑となるリスクや直近の経済成長の伸び、企業や家庭における節電の定着などを織り込んだ上で、いずれの電力管内でも安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しです。
他方、大規模な電源脱落等によって電力需給がひっ迫する可能性が懸念されます。
このような中、国民生活、経済活動等への影響を極力回避した無理のない形で、できる限りの節電をお願いいたします。
政府、電力会社においては、引き続き供給力の確保に最大限の努力をして参りますが、以下のとおり節電のご協力をお願い申し上げます。


 節電をお願いしたい期間・時間・節電目標 

・ 2013年度夏季の節電要請期間等

7月1日(月)から9月30日(月)までの平日(8月13日(火)〜15日(木)を除く) 9:00-20:00
無理のない範囲で、できる限りの節電(数値目標は設けない) ※

※ 需給見通しで見込んでいる各電力管内の定着節電見込みを目安としてください。
 

(参考) 2013年度夏季の定着節電見込み
 東北 東京 中部 関西 北陸 中国 四国 九州
2013年度夏季定着節電
見込み(2010年度比)
-3.8% -10.5% -4.0% -8.7% -4.0% -3.6% -5.2% -8.5%

 ・ 被災された地域の需要家の皆様へ 特に無理のない範囲でのご協力をお願い致します。

 節電に取組むための基本的な考え方は下記の4点に集約できます。
  1. 従来から取組まれている無駄の排除や効率的な運転など、省エネの基本ともいえる"カット"の推進
  2. 節電要請の出ている時間帯を意識したピーク需要の回避ともいえる"シフト"の実施
  3. 電気以外のエネルギーへの変換や高効率機器やプロセスへの転換である"チェンジ"の検討、実施
  4. ピーク電力抑制のため、デマンド監視装置等を利用して、事業所全体と各設備がいつどれだけの電力を使用しているか、電力使用状況の"見える化"が効果的。
 

・ 省エネセンターでは、事業者自らどんな対策を行えばどの程度の節電が可能かを簡易に算出できる節電対策シミュレータを開発し、HPで無料公開しています。このシミュレータはビルの用途により、・オフィスビル ・卸小売店 ・食品スーパ ・医療機関 ・ホテル旅館 ・学校 の6種類用意されていますので是非ご活用ください。

= 夏の工場・ビルにおける節電対策 =

= 夏の家庭における具体的節電対策 =


ECCJ Home | TOP | 工場・ビルにおける節電 | 家庭における節電

Copyright(C) ECCJ 1996-2018