ECCJ home | エネルギー管理士について | エネルギー管理士資格の取得方法
受験(フロー図) | 認定研修(フロー図) | 課目合格制度について(試験)(研修)
2018/4/10

 エネルギー管理士資格の取得方法

2通りの取得方法があります 。

  1.国家試験による取得
  I 一般財団法人省エネルギーセンター(経済産業大臣が指定した試験機関です。)が毎年8月に行うエネルギー管理士試験に合格する。試験はどなたでも受けられます。
試験はマークシート方式です。
  II 免状申請の際に、エネルギーの使用の合理化に関する実務に1年以上従事したことを証する「エネルギー使用合理化実務従事証明書」の提出が必要となります。実務に従事した時期は、合格の前後を問いません。
  III 経済産業大臣に申請することにより、エネルギー管理士免状が交付されます。
  IV 受験申込みから免状取得までの流れ(フロー図)
  V 課目合格制度について(試験)
 

  2.認定研修による取得方法
  I エネルギー管理研修を受けるためには、研修申込時までにエネルギーの使用に関する合理化に関する実務に3年以上従事していることが必要です。
  II 一般財団法人省エネルギーセンター(経済産業大臣が登録した研修機関です。)が毎年12月に行うエネルギー管理研修を受講し、修了すること。(修了試験に合格すること。)
修了試験は記述式です。
  III 経済産業大臣に申請を行うことにより、認定され免状交付が受けられます。
  IV 認定研修による申込みから免状取得までの流れ(フロー図)
  V 課目合格制度および受講課目免除について(研修)
     


Copyright(C) ECCJ 1996-2018