ECCJ Home 2010/5/11

東京都「総量削減義務と排出量取引制度」検証機関に認定されました。

財団法人省エネルギーセンターは、東京都検証機関として登録されました。

 東京都は、2008年度(平成20年度)6月の「東京都環境確保条例」の改正により、CO2排出量の大幅な削減を進めていくため、大規模事業所に対して「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を導入しました。

制度の対象となる事業所

 この制度の対象となる事業所は、燃料、熱及び電気等のエネルギー使用量が、原油換算で3ヵ年連続1,500キロリットル/年以上の事業所となります。対象の事業所は年間CO2排出量を算定し、第三者検証機関の検証結果報告書を添えて東京都へ提出することが義務付けられています。これらの制度の詳細につきましては、東京都環境局の「東京都の地球温暖化対策」のホームページをご確認ください。

当センターの登録区分 (平成22年5月10日現在)

 当センターは2010年5月10日付で東京都より温室効果ガスの排出量等の検証機関として登録されました。登録区分は特定ガス・基準量(旧)です。今回の登録により、東京都内の大規模事業所における「基準排出量の検証(既存事業所に限る)」及び「毎年度の特定温室効果ガス排出量の検証」に関する業務が可能になりました。
 「総量削減義務と排出量取引制度」登録検証機関一覧

image

検証対応について

 当センターは、省エネ推進の中核実施機関として実績を積み重ねてきました。これまでの省エネ診断業務等の豊富な経験に基き、検証を適切に行います。


見積依頼はこちら
(WORDファイル)

 お問い合わせ先
  〒104-0032東京都中央区八丁堀三丁目19番9号ジオ八丁堀
  (財)省エネルギーセンター 温室効果ガス検証業務室 検証業務グループ
   TEL : 03-5543-3016 FAX : 03-5543-3021
   E-mail : co2kensho#eccj.or.jp
        (#のところを@に変えてください。)

ECCJ Home

Copyright(C) ECCJ 1996-2018