ECCJ Home | 総目次 | センター概要 2012年8月31日

第2回「家庭の省エネエキスパート検定」合格者発表

第2回家庭の省エネエキスパート検定合格者1,743名誕生

 エネルギー・環境問題を解決していく上で省エネルギーの推進が不可欠となっています。特に我が国においては「家庭の省エネ」の推進が喫緊の課題となっています。
 また、東日本大震災以降の電力需給対策のひとつとして、いかに省エネ・節電に向けたライフスタイルにシフトしていくのか、国民の一人ひとりが真剣に考えなければならない状況となっております。
 このため、省エネルギーセンターは、日常生活や企業あるいは地域等の活動において「家庭の省エネ」を積極的に進めることのできる人材の発掘・育成をねらいとして、検定制度を昨年創設しました。昨年の第1回検定から開催都市を大幅に増やして第2回検定を8月5日(日)に行い、第1回の受検者の1.7倍を超える2,727名が第2回を受検され、この結果、1,743名の合格者を本日発表しました。 [合格者の検定受付番号を当センターHPに掲載]

 この検定では、「家庭の省エネ」を推進するために政策・生活・機器・住宅分野などの総合的な知識を 網羅しているかを検定します。
 今回誕生した1,743名の合格者は、今後、日常生活や企業活動における「家庭の省エネ」推進の中核 的人材として以下の活躍が期待されます。(第1回検定で合格された方の活躍の様子等)

・地域・家庭の皆様 : 自ら省エネ行動と家庭・地域・学校等身近なところから省エネの活動の普及拡大
・企業の皆様 : 営業活動のレベルアップ、個々の提案・コンサルト能力の向上、CSR活動
・自治体・団体等の皆様 : 省エネ・環境に関する政策の立案及び具体的な推進


また、合格者は、個別の家庭等での具体的な省エネ診断や改善提案を実践的に行うことのできる「家庭の省エネエキスパート【診断・指導級】研修」を受講することができます。(第1回合格者も含む。平成24年11月以降に実施予定。)

[第2回「家庭の省エネエキスパート検定」概要]

 ・ 検定日 平成24年8月5日(日)
 ・会  場 札幌、仙台、東京、名古屋、富山、京都、大阪、姫路、広島、高松、福岡(11都市12会場)
 ・申込者数 3,006名
 ・受検者数 2,727名
 ・合格者数 1,743名(合格率 63.9%)
(各都市の合格者数 : 札幌103名、仙台58名、東京279名、名古屋86名、富山60名、 京都111名、大阪580名、姫路84名、広島151名、高松112名、福岡119名)
 ・検定課目 課目I   エネルギーの基礎と家庭の省エネ
課目II  機器による省エネルギー
課目III  住宅の省エネルギー   
  * 合格者の検定受付番号とともに標準解答も 当センターHPに掲載。   
* 合格者でご希望の方には、合格を証する携帯型(名刺大)の認定証および胸章となる認定バッジを当センターが発行。(手数料計3,000円)
 [問合せ先] 一般財団法人 省エネルギーセンター 家庭・地域省エネ普及本部
家庭の省エネエキスパート検定事務局
TEL : 03-5543-3047
 
記事問合先

一般財団法人 省エネルギーセンター 家庭・地域省エネ普及本部
家庭の省エネエキスパート検定実施事務局 都築
TEL : 03-5543-3047 Fax : 03-5543-3887 E-mail : expert@eccj.or.jp


ECCJ Home | 総目次 | センター概要


Copyright(C) ECCJ 1996-2018