ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 省エネ共和国 | センター概要
平成18年01月19日
酒田市立小中学校全42校が省エネ共和国建国
42校の電気使用量400万kWhの10%削減を目指す
酒田市教育委員会省エネ連邦共和国誕生
★42校に省エネナビを設置。1万人の省エネ活動が本格スタート
 山形県酒田市の小中学校42校が省エネ共和国を建国し、酒田市教育委員会省エネ連邦共和国として、省エネ活動を推進することになりました。省エネ共和国国民数は連邦全体で1万人を超え、酒田市の人口の1割近くに及びます。
 連邦を構成する42校の昨年度の電気使用量は合計で3,961,415kWh。金額にして8600万円。3月に省エネナビを全校に設置し省エネ活動を展開して、電気使用量10%削減を目指します。
★学校から家庭へ 家庭から学校へ
 酒田市教育委員会省エネ連邦共和国では、児童・生徒の家庭にも省エネナビの設置を行い、学校生活と家庭生活の省エネ行動により相乗効果を図ります。1校あたり約20台、合計800台の家庭用省エネナビを配布予定で、酒田市内の50世帯に1世帯の割合で省エネナビが設置され、学校を核とした省エネ活動が地域に広がることとなります。
 ※全国の省エネナビの取組成果が「省エネデータ分析コーナー」(当センターホームページ内)で閲覧できます。
★酒田市教育委員会省エネ連邦共和国の横顔
  ○連邦大統領:酒田市教育委員会管理課長 土田正 様
  ○42カ国の各国大統領:42校の各学校長
  ○連邦事務所:酒田市教育委員会管理課
  ○建国目標:連邦全体の電気使用量、水道使用量の前年比10%削減
  ○建国主旨:学校の教育活動全体を通して、循環型社会の構築に向けた積極的な態度と
  「足るを知る」心豊かな子どもたちの育成を目指します。
 
省エネ共和国サミット開催
★全国の省エネ共和国代表が2月3日に東京に集合
 第6回省エネ共和国サミットを2月3日に開催!今回は「みんなで省エネ目標を達成しよう」をテーマに、全国の省エネ共和国代表が事例発表・意見交換等を行い、共同宣言を行う予定です。前回の共同宣言「家庭のエネルギー使用量5%削減」の進捗状況等も確認します。
  ・日時:平成18年2月3日(金) 13:00〜15:45
  ・場所:東京ファッションタウンビル(TFTビル) ENEX展東京会場の隣接会場
  ・問合せ:財団法人省エネルギーセンター企画広報部省エネ地域活動推進グループ
       Tel:03-5543-3013 担当:木村
 
★四国でも地域に向けた呼びかけ
 1月21日には、四国の8つの省エネ共和国の企画による「省エネ共和国四国サミット」が開催!自治体を巻き込み、地域に省エネ活動への参加を呼び掛けます。昨年の「省エネ共和国徳島ミニサミット」の発展版です。
  ・日時:平成18年1月21日(土) 13:30〜15:50
  ・場所:ウェルシティ徳島厚生年金会館
  ・問合せ:とくしま環境県民会議事務局(徳島県県民環境部環境局環境企画課環境首都推進室)
       Tel:088-621-2334 担当:利穂
 
記事問合先
〒104-0032   東京都中央区八丁堀3-19-9
    財団法人省エネルギーセンター スマートライフ推進本部
    企画広報部省エネ地域活動推進グループ   担当:木村
    Tel 03-5543-3013/Fax 03-5543-3887
ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 省エネ共和国 | センター概要


Copyright(C) ECCJ 1996-2018