ECCJ home | プレスリリース | 本文 | 資料1 | 資料2,3 | センター概要
【資料1】
○手軽にできる省エネ実行チェック表
 
■「夏の省エネ、10ポイント」(省エネ実行チェック項目)
 
1. 冷房は28℃を目安に温度設定をします。
2. 冷房の使用は最小限を心がけます。
3. テレビをつけっぱなしにしません。
4. 使わない電気製品は、プラグを抜きます。
5. ひとのいない部屋は消灯します。
6. 冷蔵庫は物を詰め込みすぎず整理整頓します。
7. 入浴時はお湯やシャワーの使いすぎに注意します。
8. 洗濯はまとめて洗います。
9. 駐停車時はアイドリングストップします。
10. 近場への外出は車に乗らないようにします。
           集計結果
   
 
■「秋の省エネ、10ポイント」(省エネ実行チェック項目)
 
1. ひとのいない部屋は消灯します。
2. テレビのつけっぱなしをやめます
3. 冷蔵庫に物を詰め込み過ぎないようにします。
4. 冷蔵庫の扉は開閉を少なくし、開けている時間も短くします。
5. 使わない電気製品は、プラグを抜きます。
6. 入浴時はお湯やシャワーの使いすぎに注意します。
7. 温水洗浄便座は、使用後にふたを閉め、温度調節もします。
8. 給湯温度はなるべく低温に設定します。
9. 洗濯はまとめて洗います。
10. 近場への外出は車に乗らないようにします。
           集計結果
 
■「冬の省エネ、10ポイント」(省エネ実行チェック項目)
 
1. 暖房の温度は20℃にします。
2. 暖房をつけっぱなしにしません。
3. 暖房機器の温度はこまめに調整します
4. ひとのいない部屋は消灯します。
5. テレビをつけっぱなしにしません。
6. 使わない電気製品は、プラグを抜きます。
7. 入浴時はお湯やシャワーの使いすぎに注意します。
8. 給湯温度はなるべく低温に設定します。
9. 温水洗浄便座は温度調節します。
10. 近場は車で行かず、無用なアイドリングはストップします。
           集計結果
 
○削減効果の算出方法
各省エネ実行チェック項目の30日間の削減効果に、各自が行動した達成度(割合)を掛けて、各自の削減効果を算出し、それを基に計算、集計しました。
削減効果の各換算値は下記のとおりです。(下記の換算値を基に各省エネ実行チェック項目毎の削減効果を算出しています。)
  原油換算 電気:約0.24リットル/kWh、ガス:約1.08リットル/m3、灯油:約0.96リットル/リットル、ガソリン:約0.91リットル/リットル
  節約金額 電気:約23円/kWh、ガス:約140.6円/m3、灯油:約45円/リットル、ガソリン:約105円/リットル、水道:約184円/m3
  CO2換算 電気:約0.36kg/kWh、ガス:約2.1kg(都市ガス)/m3、灯油:2.5kg/リットル、ガソリン:2.3kg/リットル、水道:約0.58kg/m3
  杉の木換算 杉の木1本あたり、1年で平均してCO2約14kgを吸収
[環境省/林野庁 地球温暖化防止のための緑の吸収源対策より]
 
ECCJ home | プレスリリース | 本文 | 資料1 | 資料2,3 | センター概要

Copyright(C) ECCJ 1996-2019