ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 別紙1 | 別紙2 | センター概要
平成17年01月13日
【別紙2】「省エネ大賞受賞マーク」選考結果
1.
「省エネ大賞」は優れた省エネルギー機器・システムを表彰するものですが、このほど受賞製品やそのカタログ等に表示するための受賞マークを公募しました。従来、その受賞製品の表示方法は、各受賞者が一定の条件の下に自由に行っていましたが、一般アンケート調査の結果、わかりやすい表示を求める意見が多かったことによるものです。このマークは省エネ製品の普及を通じて、地球温暖化ガス排出量の削減、省エネルギー型社会の構築に資することを目的とし、購入者の商品選択の判断材料の一つとして受賞製品が優れた省エネ性能を有することを明示するためのものです。
   
2.
平成16年6月10日から8月31日まで公募を行い、北海道から沖縄までの全国から、19歳から79歳までの幅広い年齢層より、74点の作品が寄せられました。「省エネ大賞審査委員会」の審議の結果、最優秀1点、佳作5点が選考されました。
 
1)最優秀(1点)  
 
省エネ大賞受賞マーク
【作者】
  岩淵智志氏 35歳 埼玉県 デザイナー
  【作品のコンセプト】
   私たちは日々エネルギーを消耗しなければ生活できません。この生活に省エネルギーという考えがなければ、私たちの未来は破綻してしまうでしょう。いま私たちの使命は、省エネルギーの精神を私たちの生活に根付かせ実行する。そして次の世代。またその次の世代に進歩した精神を伝えていく。この果てしなく思える連鎖を日々考え、豊かな資源を取り戻した未来を創造することが、今の私たちにできることです。
青い空、生命力にあふれた緑。豊かな地球の未来をデザイン化しました。
  2)佳作(5点)  
    彦根  正 氏 48歳 東京都グラフィックデザイナー
    合田 さち男氏 41歳 岡山県自営業
    内田 昇吾 氏 45歳 愛知県グラフィックデザイナー
    日高 美明 氏 51歳 大阪府グラフィックデザイナー
    水落 ゆうこ氏 47歳 東京都イラストレーター/デザイナー
     
3.
最優秀となった岩淵氏の作品は、「受賞年度(平成表示)」、「賞の名称(省エネ大賞)」、「受賞の区分(経済産業大臣賞、資源エネルギー庁長官賞、省エネルギーセンター会長賞)」及び「主催者名(財団法人省エネルギーセンター)」を付記するとともに、受賞機器・システム名を明示して、本年度から「省エネ大賞」受賞製品の表示に使用されます。表示方法の詳細規定については、本年度のENEX展等で配布する資料に掲載するとともに、当センターのホームページ(http://www.eccj.or.jp/bigaward/mark-rule/index.html)等で公示します。


ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 別紙1 | 別紙2 | センター概要

Copyright(C) ECCJ 1996-2018