ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 背景説明 | センター概要
背景説明
  1. 省エネルギーは二酸化炭素の排出を削減する有効な手段

     省エネルギーは、我が国におけるエネルギーの安定供給の確保から、エネルギー政策上の重要な課題と位置付けられています。
     また、1997年12月に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)において、日本は二酸化炭素に代表される温室効果ガスの排出量を2008年から2012年の平均値が1990年に対比して6%削減するという義務目標を立てました。二酸化炭素の排出量の約9割はエネルギーの使用が発生起源になっており、その対策として徹底した省エネルギーの推進が求められています。
     このような状況のもと、省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)の改正があり、2003年4月からは民生業務部門等に大規模工場に準じるエネルギー管理の仕組みを導入し、エネルギーの徹底した使用合理化の推進に必要な措置等が講じられました。

  2. 省エネ大賞の目的

     「省エネ大賞」は、優れた省エネルギー性、省資源性等を有する民生用エネルギー利用機器・資材及びエネルギー利用システムを広く公募、発掘し、表彰することによりその開発支援・普及促進を図り、二酸化炭素などの地球温暖化ガスの排出量抑制に貢献し、省エネルギー型社会の構築に資することを目的にしています。

  3. 応募の区分

     応募された民生用の機器・システムは、以下のように家庭用部門、業務用部門、自動車部門に区別し審査します。

    1) 家庭用部門
          通常、消費者が使用するものであって、直接選択できる機器・システム
          (自動車を除く)
    (1) 冷暖房機器
    (2) 給湯機器
    (3) 家事・衛生機器
    (4) 調理機器
    (5) AV・情報機器
    (6) 建築資材(業務用を除く)
    (7) 高効率エネルギー利用型住宅システム
    (8) その他
    2) 業務用部門
          主たる用途が業務用として開発した民生用の機器システムで、家庭用
          部門・自動車部門に含まれないもの
    3) 自動車部門
          自動車、自動車部品及び自動車交通関連製品

  4. 最近の特徴

     近年は、大臣賞、長官賞、会長賞のいずれもがこれまでの成果を基にした独創的な省エネ技術への取組みと、不断の努力が結実したものが連続して受賞してきました。景気低迷期にあっても、各企業での省エネ技術の開発にかける旺盛な意欲の証です。なお、高性能・高機能機種だけでなく、開発された省エネ技術を採用した普及機種等の、より多くの応募を期待します。

  5. 昨年度の受賞一覧
    賞名 機器 システム「商品名」 申請者
    経済産業大臣賞 冷凍・冷蔵・空調用熱源ユニット 「コンビニパック ZEAS-AC」 ダイキン工業(株)
    (同上) 冷房機器「高効率インバータ駆動ターボ冷凍機 NRAT-Iシリーズ」 三菱重工業(株)
    (同上) トヨタインテリジェントアイドリングストップシステム(TIIS) 「ヴィッツU "インテリジェントパッケージ"」 トヨタ自動車(株)
    資源エネルギー庁長官賞 トヨタハイブリッドシステムU(THS-U) 「新型プリウス」 トヨタ自動車(株)
    (同上) ノンフロン冷蔵庫 GR-NF415GX 東芝コンシューママーケティング(株)、 東芝家電製造(株)
    (同上) 冷房・暖房兼用スプリット型ルームエアコン 「大清快シリーズ」 東芝キヤリア(株)
    (同上) ビル用マルチエアコン 「スーパーモジュールマルチ」 東芝キヤリア(株)、 中部電力(株)
    (同上) エコドライブナビゲーションシステム ミヤマ(株)
    省エネルギーセンター会長賞 家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム 「ECOWILL(エコウィル)」 大阪ガス(株)、東邦ガス(株)、西部ガス(株)、本田技研工業(株)、(株)ノーリツ、(株)長府製作所
    (同上) 世界最高レベルの低燃費軽自動車 「ミラV」 ダイハツ工業(株)
    (同上) カラーレーザープリンタ DocuPrintC2425 DocuPrintC2426 富士ゼロックスプリンティングシステムズ(株)、 富士ゼロックス(株)
    (同上)

    カラーレーザープリンタ

    「SateraLASER SHOT LBP-2410」

    キヤノン(株)
    (同上) 高効率スクロール圧縮機搭載スプリット型ルームエアコン「Kirei(キレイ) Xシリーズ」 松下電器産業(株) 松下ホームアプライアンス社
    (同上) 流体循環ロール 「ハイブリッドロール」 トクデン(株)
    (同上) 「ハイブリッド換気システムV」 積水ハウス(株)、 東芝キヤリア(株)
    (同上) DCブラシレスモーター搭載ダクト用換気扇 三菱電機(株)中津川製作所

    (同上)

    インクジェットプリンタ PIXUS861i PIXUS560i キヤノン(株)
    (同上) デジタル複合複写機 「imagioNeo752/602シリーズ」 (株)リコー
    (同上) デジタル複写機・複合機 「LIBRE AR-266シリーズ」 シャープ(株)
    (同上) 無電極放電方式電球形蛍光灯 「無電極パルックボール」 松下電器産業(株)照明社
    (同上) 「高効率内炎式バーナー搭載ガスこんろ 東京ガス(株)、大阪ガス(株)、東邦ガス(株)、リンナイ(株)
    (同上) CO2冷媒ヒートポンプユニット (株)コロナ、三菱電機(株)群馬製作所、積水化学工業(株)、(株)日立空調システム、松下電工(株)、(株)デンソー、東京電力(株)
    (同上)

    新カップ式(小型)自動販売機

    「JBC-2」

    (株)ジャパンビバレッジ、サンデン(株)


  6. 受賞マークの統一

     省エネ大賞受賞の表示方法は、従来各受賞者が一定の条件のもとに自由に行ってきましたが、消費者の商品選択の判断材料の一つとして優れた省エネ性能を有することを明示することにより、省エネ製品のより一層の普及促進と適正な表示を目的として、統一マークを定めることとしました。
     採用された受賞マークは、省エネ製品の普及を通じて、地球温暖化ガス排出量の削減、省エネルギー型社会の構築に資するものとなりますので、奮って応募ください。

ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | 背景説明 | センター概要
Copyright(C) ECCJ 1996-2018