ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | センター概要
平成16年3月10日
省エネ製品のメリットと省エネ効果を分かり易く解説
パンフレット「省エネ製品の知って得する選び方・使い方」を発行

1. 財団法人省エネルギーセンターは、省エネ型の家電機器やガス・石油機器の省エネ情報を、
  パンフレット「省エネ製品の知って得する選び方・使い方」にまとめました。
パンフレットは6万部発行し、その内容はホームページで公開します。


2. パンフレット内容
(1) 「省エネ製品を選ぶ」+「省エネ行動をする」ことで得られる3つの効果
省エネによって得られる3つの効果(家計の節約、エネルギー資源の節約、環境の保全) について紹介しています。

(2) 省エネ製品の知って得する選び方・使い方

家電製品6品目(エアコン、冷蔵庫、テレビ、照明器具、VTR、洗濯機) とガス・石油機器(ガスコンロ、ガス給湯器、石油ファンヒーター) について、次の項目を紹介しています。
@ 省エネ性能は以前と比べて、こんなに向上しています。
近年の省エネ性能の推移をグラフで紹介。 また、性能向上に資する技術について、簡潔にまとめています。
A 長く使うことを考えると、省エネ型がお得です。
省エネ型を選んだ場合と普及型を選んだ場合の、 使用に伴う電気代、ガス代のコスト比較を行い、 省エネ型を選んだ方が家計に優しくなることを解説しています。
B 機器を購入するときのポイントはこれ!
省エネ型の機器を選択するときのポイントを紹介しています。
C省エネ行動を実践すれば、効果もさらにアップ
家庭で実践できる省エネ行動とその効果について紹介します。
D「省エネ製品を選ぶ」+「省エネ行動をする」ことの年間省エネ効果のまとめ
一つのモデル家庭を想定し、省エネ製品を選び、 かつ省エネ行動をした場合の年間省エネ効果をまとめました。
  年間削減量 年間削減金額
電力 2,514kWh 約57,800円
ガス 99m3 約13,900円
さらに今後一年間に、日本全国で買換えが発生することが予想される全てについて、 上記効果を試算した結果、年間で原油換算にして約4百万kLの削減効果が期待されることがわかりました。 これは、岐阜県が1年間に消費する電力・ガスの合計エネルギー量に相当します (地球球温暖化対策推進大綱の民生部門省エネ対策での削減量の約20%に相当)。


3. パンフレットは希望者に無料で配布します(10部限度)
郵送をご希望の方は、郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記し、 140円切手を同封のうえ、下記宛先までお申し込み下さい。 (2部以上の場合は郵送代が異なりますのでお問い合わせ下さい。)
〒104-0032東京都中央区八丁堀3-19-9
(財)省エネルギーセンター調査第一部
「省エネ製品の知って得する選び方・使い方」パンフレット係
問合先:財団法人省エネルギーセンター
〒104-0032東京都中央区八丁堀3-19-9
調査第一部:Tel03-5543-3017 Fax03-5543-3021
ECCJ Home | プレスリリース | 本文 | センター概要
Copyright(C) ECCJ 1996-2018