| ECCJ | プレスリリース | 本文 | 別紙1 | センター概要 |
平成16年1月16日

 平成15年度 第14回『省エネ大賞(省エネルギー機器・システム表彰)』が決定しました。
 今年度は、過去最多の97件の応募をいただき、厳正な審査の結果、経済産業大臣賞には以下の3件が決定しました。
  1) コンビニエンスストア等の複合熱需要設備における冷凍・冷蔵・空調用熱源ユニットの効率化(ダイキン工業株式会社)
コンビニ等の店舗では、空調システム、冷蔵庫および冷凍庫等の複合熱需要設備が必要。このシステムでは、それぞれのエネルギーを効率的に融通し合うことによって、使用するエネルギーを半減させることを可能にしたもの。設置スペースが60%も削減している点も高く評価された。
2) 高速演算装置を用いたインバータ技術の採用により、負荷変動等柔軟に対応することを可能にしたターボ冷凍機(三菱重工業株式会社)
ビル空調や工場空調等に使用する冷水(7℃)を製造するためのターボ冷凍機に初めてインバータ技術を適用したもの。標準機に比べて、夏場には約10%、冬場には約50%の省エネ効果が期待できる。
3) オートマチック車における世界初のインテリジェントアイドリングストップシステム搭載車(トヨタ自動車株式会社)
本技術は、オートマチック車に自動アイドリングストップ機能を導入したもので、アイドリングストップ社会の早期実現に貢献するものであることが高く評価された。

 この他、別紙1のとおり、資源エネルギー庁長官賞には、環境性能と動力性能に優れた新世代ハイブリッドシステムを搭載した自動車を始めとした5件、省エネルギーセンター会長賞には、15件が決定しました。
 電気冷蔵庫については、大型高級機種だけでなく小型容量機種の省エネ化の取り組みが期待され、エアコンについては、省エネ化とともに省資源化への努力も期待されます。
 省エネ大賞の表彰式については、2月12日(木)東京ビッグサイト、レセプションホールAにて「省エネルギー月間表彰式」(10:15〜11:40)内で行います。
 なお、省エネ大賞受賞機器をENEX2004開催期間中に展示いたします。
 2004年2月12日(木)〜14日(土) 東京ビッグサイト 西1ホール
 2004年2月19日(木)〜21日(土) インテックス大阪 2号館
《問い合わせ先》
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-19-9 ジオ八丁堀
財団法人 省エネルギーセンター
技術部企画総括グループ 小板橋
TEL 03-5543-3020 FAX 03-5543-3021


| ECCJ | プレスリリース | 本文 | 別紙1 | センター概要 |



Copyright(C) ECCJ 1996-2018