ECCJ Home | 省エネ機器を調べたい | 目次

外壁や屋根などの断熱はリフォームするときがチャンスです。


[前頁] [次頁]

窓の次は外壁や屋根などの断熱です。
外壁や屋根などの断熱は、内装や外装をリフォームする時に一緒に行うと、
施工もしやすく費用効率もよいので、一石二鳥です。

断熱によって性能が飛躍的アップすることが、無断熱と断熱改修後の熱貫流率*を比較したグラフからわかります。
このような効果を持つ外壁や屋根などの断熱改修は、内装のリフォームに適した方法と外装のリフォームに適した方法があります。
*熱の通りやすさの指標
熱の通りやすさの指標図

断熱の基本は、住宅をすっぽりくるむ事です。ですから、部位毎にバラバラに施工するより、全体を一度に行うと、とても効果的です。
また、天井や屋根と壁、壁と床や基礎などの境目は、施工が難しい場所で、注意が必要です。
外側に張り付ける工法では、いずれの部位も外装材を支える構造強度が必要です。

施工方法などは、(社)日本建材・住宅設備産業協会、工務店、ハウスメーカー、断熱材メーカーなどにお問い合わせください。


[前頁] [次頁]



ECCJ Home | 省エネ機器を調べたい | 目次

Copyright(C) ECCJ 1996-2018