ECCJ Home | 省エネ機器を調べたい | 目次

家電製品をかしこく使い、かしこく選びましょう。


[前頁] [次頁]

電気について 不要なときは消しましょう

消費電力をきちんとみましょう

少しでも家庭での省エネ効果を上げるためには、「エネルギー効率の良い機器を選ぶこと」、「機器を上手に使い、消費電力量を少なくしていくこと」が大切です。
暮らしに省エネをもたらす機器を選ぶには、どうすればいいのでしょうか。

省エネルギーセンター調査

エアコン・冷蔵庫は省エネラベルが決め手です。
最近のエアコンや冷蔵庫の性能向上はめざましいものがあります。お店で機器を選ぶときには、省エネラベルが目印になります。このラベルは、国の省エネルギー基準の達成率を表示したもので、機器の性能比較に役立ちます。
省エネラベル

省エネマークイラスト

省エネルギーセンターでは、「省エネ性能カタログ」に機器の種類別能力別の省エネ性能一覧表を発表しています。エアコン、テレビ、VTR、冷蔵庫、洗濯機、照明器具などが対象となっています。
2つの省エネラベル



エアコン
最近5年間の性能の推移を見ると、新しい型のものほど省エネ性能が高いことがわかります。一方、新しい機種でも低価格で売られることを前提とした効率の悪いエアコンもあります。ですから、選ぶときには、値段だけで判断せず、省エネ性能を見極めましょう。省エネエアコンはそれなりに高価ですが、使用時間が長い人ほど、トータルのコスト(購入価格に使用時の電気代を足したもの)は割安になります。買い替え時が省エネのチャンスです。
エアコンの省エネ性能の推移
エアコンの省エネ性能の推移
冷蔵庫
冷蔵庫を選ぶときにはライフスタイルや、家族の人数などに合わせて大きさ・機能を選ぶことが省エネにつながります。ギューギューものを詰め込むより冷蔵庫に余裕を持たせて入れた方が消費エネルギーが少なくてすみます。また、最近普及しだしたインバータ機能や真空遮断技術を用いた冷蔵庫は、一段と省エネになっています。
冷凍冷蔵庫の省エネ性能の推移
冷凍冷蔵庫の省エネ性能の推移

[前頁] [次頁]


ECCJ Home | 省エネ機器を調べたい | 目次

Copyright(C) ECCJ 1996-2019