(2) 熱利用設備17)蓄熱装置[戻る][前項][次項]

83.スチームアキュムレーター

イ.概要

    一般にはボイラー出口蒸気系に配置し、低負荷時に過剰熱量を本器内の熱水に蓄え、高負荷時に器内圧力を下げて飽和蒸気を発生させることにより、ボイラー負荷を一定に保つシステム。
    上記と異なりボイラー入口給水系に配置し、過剰蒸気またはボイラー水を熱水として蓄え、高負荷時にボイラーに送りボイラー蒸発量を増加させる方式のシステムもある。

ロ.適用例

    使用蒸気負荷変動の大きな中小規模工場、病院など

ハ.省エネルギーのポイント

    蒸気負荷をならすことにより、ボイラーは効率の高い負荷で運転することができ、またボイラー所要台数を少なくすることができる。

Copyright(C) 1996-1999 ECCJ [戻る][前項][次項]