ECCJ Home | 省エネ機器 | 目次 | 前へ |
省エネラベリング制度
省エネラベリング制度とは?省エネ基準達成率の算出方法は?
スペース
スペース 省エネ基準達成率の算出方法はJISによる次の2式で算出します。
算出結果は小数点以下を切り捨てます。


スペース (1) エアコン、照明器具、ストーブ、ガス調理機器(こんろ部)、ガス温水機器、石油温水機器、ヒートポンプ給湯器、三相誘導電動機の算出式
スペース スペース
計算式1
スペース (2) テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、電気便座、電子計算機(パソコン)、磁気ディスク装置、ジャー炊飯器、電子レンジ、DVDレコーダー、変圧器、ガス調理機器(グリル部・オーブン部)、ルーティング機器及びスイッチング機器の算出式
スペース スペース
計算式2
スペース
※EM
E
: 省エネ法で定める基準エネルギー消費効率(目標値)
: 当該製品のエネルギー消費効率
スペース スペース
  スペース省エネ基準達成率の算出例 (目標年度2008年)
スペース スペース
  スペース37インチ液晶テレビ(ダブルデジタルチューナー付)
スペース年間消費電力量246kWh/年の場合
 
この液晶テレビの目標値EMは、288kWh/年
(2)式より、この製品の省エネ基準達成率は
スペース エアコンの計算式
スペース
となります。

(注) テレビの目標値は、テレビの種類、画面サイズ、付加機能に応じて定められています。


ECCJ Home | 省エネ機器 | 目次 | 前へ |

フッター
Copyright(C) ECCJ 1996-2018