ECCJ Home | 省エネお役立ち | 戻る 2010/1/12

空調エネルギー推計ツール Ee-tool パスワードの開示について

 空調推計ツールのパスワード開示版の利用規約

 1. 総則

  1. 本規約は、(財)省エネルギーセンター(以下「センター」といいます)が配布の権限を有する空調エネルギー推計ツールEe-toolパスワード開示版プログラム(以下「推計ツール」という)を利用される方(以下、「利用者」といいます)が、遵守すべき事項および利用者とセンターとの関係を 定めるものです。
  2. 利用者は、本規約を遵守するものとします。
  3. 利用者が本規約等に違反した場合、センターは、違反者に対して、本推計ツールの利用停止、その他センターが必要と考える措置を実施する事ができるものとします。
  4. 利用者は、別途指定する様式「空調エネルギー推計ツールのパスワード開示の依頼状(以下「依頼状」という)」をダウンロードし必要事項の記入と責任者の押印を行いセンター診断指導部に郵送することにより、当該利用者が本規約等に同意したものとみなします。
  5. 利用者はセンターが開示をする上での手数料を負担するものとします。

 2. 利用資格

  1. 利用者は、本規約等を遵守する事を条件に、本推計ツールのパスワードを得ることができ、自社使用に限って、センターより許諾されます。
  2. 本推計ツールの著作権その他一切権利は、センターに帰属し、法律によって保護されています。利用者は、本推計ツールの使用が認められるのみであり、本推計ツールに関するいかなる権利も利用者に帰属するものではありません。

 3. 自己責任

  1. 利用者は自己の判断と責任の下で本推計ツールを使用するものとします。
  2. 本ツールは、マイクロソフト製エクセル2003で作られています。利用者は自己のパソコン等が本推計ツールの動作環境を満たしているかどうか、予め確認を行うものとします。
  3. 本推計ツールを使用したこと又は利用できなかったことにより、利用者に何らかの不利益又は損害等が生じたとしても、センターは一切責任を負いかねます。
  4. センターは、利用者が本推計ツールを利用する上で発生する、文書、データ、その他一切の情報について、これを管理する義務を負いません。
  5. 利用者は、本推計ツールに関連して、センター又は第三者に損害又は不利益を与えた場合、自己の費用と責任において、これを賠償するものとします。

 4. 禁止事項

  1. 利用者は、自社利用を除き第三者にパスワードを公開してはならないものとします。ただし、利用者が自社システムと連携するために自社の契約者に対しパスワードを開示して連携作業を行わせることができるものとします。その場合、その自社の契約者が本利用規約に基づいて行動するための処置を行うものとします。
  2. 利用者は、センターに無断で本推計ツールの譲渡、貸与、翻訳、解析、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルおよび本推計ツールの営業目的での使用を行ってはならないものとします。

 5. 重要事項の連絡

  • 本推計ツールのアップデート、その他重要な事項について、センターは登録のあったE-MAIL先に送信するものとします。

 6. 個人情報

  • 本推計ツールに関連してセンターが利用者より取得する個人情報の取り扱いについては、センターが別途定める「個人情報保護方針」の定めによるものとします。

 7. 裁判管轄

  1. 本規約は、日本国法を準拠法とします。
  2. 本規約及び本推計ツールに関連して、センターと利用者の間に紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
以上
 
同意しない 同意する
 
区切線
ECCJ Home | 省エネお役立ち | 戻る
区切線

Copyright(C) ECCJ 1996-2018