ビルの省エネエキスパート検定制度

検定公式テキスト「ビルのエネルギー管理 基礎と実践(改訂2版)」

ビルのエネルギー管理の基礎と実践(表紙)
  1. ビルのエネルギー管理を行うに当たって必要となる基礎知識を、理論から実践手法に至るまでできるだけ幅広く説明しています。
  2. 特に技術的事項については、熱や電気等についての事前の知識がなくても内容が理解できるよう、できるだけ平易に解説しています。
  3. ビル管理については、エネルギーの効率性のみならず、快適性、安全性、利便性や衛生といった観点が必要であり、関連の規制等もあるので、これらの観点とエネルギー管理と関係についてもできるだけ記述しています。
  4. ビルのエネルギー使用においては、空調と照明の割合が極めて高いので、これらの機能や省エネ対策については特に詳細な説明を行っています。
 

主 な 目 次

第1章 ビルの管理とエネルギー
  • 1-1. ビルの機能とエネルギー管理の視点
  • 1-2. 業務部門等のエネルギー消費の推移
  • 1-3. 業務用ビルのエネルギー消費の特徴
  • 1-4. ビルのエネルギー管理と省エネ法 
第2章 ビルのエネルギー管理の考え方
  • 2-1. ビルのエネルギー管理の手順.
  • 2-2. 省エネ法に基づくエネルギー管理の考え方
  • 2-3. エネルギー管理体制
  • 2-4. エネルギー使用状況の把握
  • 2-5. 取組方針の策定等
  • 2-6. 設備ごとの管理標準の設定等
  • 2-7. 中長期計画の策定等
  • 2-8. エネルギー管理状況の評価と改善
  • 2-9. エネルギー管理規程
  • 2-10. 建築物の省エネ基準
第3章 エネルギーの基礎知識
  • 3-1. エネルギーとは
  • 3-2. 熱の基礎知識
  • 3-3. 電気の基礎知識
第4章 主要なエネルギー機器の基礎理論
  • 4-1. 電動機(モータ)
  • 4-2. インバータ
  • 4-3. ポンプ
  • 4-4. 送風機(ファン)
  • 4-5. ポンプ・送風機の運転特性
  • 4-6. ヒートポンプ
  • 4-7. 吸収冷凍サイクル
第5章 空気調和とその機能
  • 5-1. 空気調和と室内環境基準
  • 5-2. 温熱環境と快適性
  • 5-3. 空調負荷(主にルームエアコンを念頭)
  • 5-4. 家庭用エアコンの構造と種類
  • 5-5. ビル用空調設備の種類と導入状況
  • 5-6. 個別分散方式(業務用空調機)
  • 5-7. セントラル方式(中央管理方式)の概要
  • 5-8. セントラル方式で使用される主要機器
第6章 空調設備の省エネ対策
  • 6-1. 空調負荷の削減
  • 6-2. 空調システム全体の効率的な運用
  • 6-3. 熱源設備の効率運転
  • 6-4. 熱搬送動力等の節減

第7章 照明設備の機能と省エネ対策
  • 7-1. 照明の機能
  • 7-2. 照明設備
  • 7-3. 省エネ対策
第8章 ボイラ 給湯・給排水設備の機能と省エネ対策
  • 8-1. ボイラの機能と省エネ
  • 8-2. 給湯設備の機能と省エネ
  • 8-3. 給排水設備の省エネ
第9章 受配電設備 コージェネの機能と省エネ対策
  • 9-1. 受配電設備の機能
  • 9-2. 受配電設備のエネルギー管理の概観
  • 9-3. 変圧器の省エネ
  • 9-4. 力率の改善
  • 9-5. 最大需要電力の抑制や電力の負荷平準化
  • 9-6. コージェネレーションの機能と省エネ
第10章 昇降機・OA機器・業務用機器の省エネ対策
  • 10-1. 昇降機の省エネ
  • 10-2. OA機器等の省エネ
  • 10-3. 業務用機器の省エネ
第11章 BEMSその他高効率技術による省エネ対策
  • 11-1. BEMS によるエネルギー管理
  • 11-2. 省エネルギー効果検討ツール使用による省エネ量の把握
  • 11-3. 太陽光発電
  • 11-4. 燃料電池
  • 11-5. 蓄電技術
  • 11-6. スマートメータ
  • 11-7. 空調システムその他高効率技術
  • 11-8. ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
補論・参考
  • 補論1. 熱に係る基本法則
  • 補論2. p-h線図による冷凍サイクルの効率等の分析
  • 参考 ビルにおける省エネルギー対策・節電対策一覧


  
ページ見本 (PDFファイル)

  
[戻る]

Copyright(C) ECCJ 1996-2018