ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 活用ポイント | データ入力 | 対策の内容 | 対策の評価 | 技術サポート | ダウンロード

目標値算定ツールECTTの概要

ツールの特徴と動作環境

1.ビルの管理者やエネルギーの専門家でなくとも簡易な入力項目により計算が可能。

2.ビルの用途(6業種)、規模(延べ床面積・階数)、ビルの立地(14地域)、機器構成(設備の内容)、使用実態等、様々な条件による計算が可能。

3.夏期および冬期の最大電力需要量がピークとなる日時における、節電対策効果を定量的に計算することが可能。

4.3段階に分類したビルの節電対策項目を自由に選定するだけで、対策の定量的評価が可能。

5.各地域の気象データ(14地域)を参照し、365日×24時間(8760時間)の詳細計算を実施しているため、年間の省エネルギー量を計算することが可能。




◆動作環境
・ 使用OS : Microsoft Windows XP SP3 / Windows Vista SP2 / Windows 7 SP1
・ 使用ソフト : Microsoft Excel 2002 / 2003 / 2007 / 2010、 Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition
・ HDDの空き容量500MB以上
快適にご利用いただくためには、CPU:Pentium4 1000MHz以上、メモリ:768MB以上(Windows XPの場合) / 2GB以上(Windows Vista、Windows 7の場合)、ディスプレイ:『XGA(1024×768)』以上のハードウェアでのご利用を推奨します。

Microsoft Windows、Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Pentiumは、インテルコーポレーションまたはその子会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。



ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 活用ポイント | データ入力 | 対策の内容 | 対策の評価 | 技術サポート | ダウンロード
Copyright(C) ECCJ 1996-2018