ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 概要 | 計算の体系 | 出力の内容 | 活用事例 | 技術サポート | ダウンロード

3.計算出力の内容
1.エネルギー消費構造と原単位
電気、ガス、地域熱供給などエネルギーの種類別、消費先別消費量、ならびにエネルギー消費原単位が計算されます。(屋内駐車場を除いた原単位も算出されます)
図


2.部門別エネルギー消費と原単位
部門別のエネルギー消費や部門原単位の大小も計算されます。よって、どの部門の対策が効果的かが判定できます。
図


3.計算値と実績値の比較
計算値(消費先別)と実績値の比較や電力、ガスなどエネルギー種類別比較ができます。1時間毎のエネルギー消費も日付指定で見られます。
図
図

4.月別の計算値と実績値の比較
月別に計算値と実績値が比較できます。
図


5.省エネ対策効果
各年度毎の計算値と実績値を比較し、省エネ効果を原単位で比較できます。
1.前年度計算値(営業時間13時間)
2.前年度実績値
3.本年度計算値(営業時間1時間短縮)
4.本年度実績値
図
1時間の営業時間短縮で原単位が5%削減されています。

6.計算値の確認
負荷計算の結果はトレンドグラフ
で確認することが出来ます。
1.空調負荷
2.熱源負荷
3.給湯負荷

図
ECCJ Home | 省エネお役立ち | 目次 | 概要 | 計算の体系 | 出力の内容 | 活用事例 | 技術サポート | ダウンロード
Copyright(C) ECCJ 1996-2018