[ECCJ][プレスリリース][本文][参考資料][センター概要]
平成14年10月15日
「アイドリングストップ日本縦断キャラバン走行の結果報告会」の開催
    −アイドリングストップ車による日本縦断走行の結果、
                     都市部で"約13% の省エネ効果"を確認−

1. 財団法人省エネルギーセンター(ECCJ)は、今夏実施したアイドリングストップ日本縦断キャラバン走行の結果報告会を開催します。
 
2. 信号待ちなどの停車時にエンジンを停止するアイドリングストップについては、最近バスなどで行われていますが、乗用車を運転される一般ドライバーの方々の間では、まだまだ普及が進んでおりません。
今回のキャラバン走行では、簡単にアイドリングストップを実施できる支援装置を搭載した乗用車を用意して、日本を縦断走行し、アイドリングストップの効果を測定しました。
 
3. 全行程 約6,700km(一般道:3,719km)を走行した結果、燃料消費量を平均6%削減、都市部では約13%の削減効果が得られました。報告会では、これらの詳細、各地におけるアイドリングストップに対する反響などを報告し、専門家によるパネルディスカッションを行います。
 
4. 報告会の開催日時と場所
 東京会場:
    平成14年10月18日(金) 14:00〜17:00
    ダイヤモンドホテル 東京都千代田区一番町 25番地、
 大阪会場:
    平成14年10月24日(木) 14:00〜17:00
    リーガロイヤルNCB 大阪市北区中之島 6−2−27
                   中之島センタービル 内
 
5. 報告会は無料です。どなた様もご参加頂けます。
 
問合先
  財団法人 省エネルギーセンター
  〒104-0032 東京都中央区八丁堀 3-19-2
  調査第2部 Tel 03-5543-3835 Fax 03-5543-3021


[ECCJ][プレスリリース][本文][参考資料][センター概要]


Copyright(C) ECCJ 1996-2016